治療費用を比べる|加齢や出産による膣のトラブルには手術が有効
女の人

加齢や出産による膣のトラブルには手術が有効

治療費用を比べる

女の人

膣の縮小手術など、ゆるみなどを改善するための治療方法には様々な種類があります。そして、費用も様々なので、自分の予算にあった治療方法を選ぶ必要があるでしょう。一般的な費用の目安を理解しておくと、治療を依頼する際に役に立つと言えます。基本的にそれほど安いものではないので、慎重に選ぶ必要があるのです。基本的にレーザーや高周波などを利用したゆるみ治療法にかかる費用はおおよそ、10万円から35万円程と言われております。比較的安価な値段で利用できるので人気も高いですが、継続して治療を受ける必要があり、結果的に高額になってしまうこともあるので注意が必要です。次に、ヒアルロン酸などを注入してゆるみを治療する方法ですが、こちらは15万円から25万円程の値段で利用できます。こちらも、ある程度の期間で継続的な治療が必要な場合が多い治療方法です。効果は比較的高いと言われています。この二つの膣のゆるみ改善方法では、メスを使用しないのが特徴です。一方、メスを使う膣縮小術の費用は約20万円から100万円程と費用が大きく違ってきます。これは、手術の方法として膣の入口付近のみ、もしくは奥までなのかで必要な技術が違ってくるからです。メスを使わない方法とくらべて費用が高いと感じる方も多いですが、一度の手術で半永久的に効果が期待できます。さらに、他の方法とくらべても一番効果が高いと言われているのです。このように、膣の手術や治療方法は様々で費用も違います。専門の医師の方としっかりと話し合って、どの方法を利用するのか決めましょう。